先見の明のあるテックスタートアップ、プロデベロッパー、意欲溢れるイノベーターの皆さん。WacomのWILL™ SDKを使って、オンライン上で1か月半に渡って行われるInkathonにぜひご参戦ください。デジタルペン対応デバイス向けのレベルアップしたインクアプリの開発をお願いいたします。

私たちは、テクノロジーを活用する教育は、人々が、個性・人格・自由な発想を解き放って、それぞれの人生を際立たせ、それぞれをユニークにする強力な要因になると信じています。私たちのビジョンにおいては、ペンとインクは重要な役割を果たします。これまでの何年もの間、私たちは、最も自然でパーソナライズされたデジタル文具を実現するためのペン技術を磨き込んできました。当社のインクテクノロジー・WILL™は、どのような発想、アイデア、クリエイティブな表現であっても、一生残り続ける、とてもユニークでパーソナライズされたコンテクスト全体を捉えることができます。


生産性を重視していたり、手書きやドローイングのインクストロークを教えることなどに焦点を置いたアプリは、あまり高い評価にはつながりません。従来の学習や教育の方法を超え、無限の可能性を感じさせるアイデアを求めています。ぜひ想像力を発揮して、これまでにないアイデアを考えていただき、皆様の強い信念をアプリの中で実現させていただきたいと思っています。   

「人」というものに重きを置いた、型にはまっていない自由なスピリットと教育的な方向性を持つ、イノベイティブで先見性のあるデジタルインクとデジタルペンの使い方を求めています。情熱的で強い信念や大きなやる気を持ち、新しいものへの強い意志を感じさせ、創造性・想像力・自由さを持つアプリを望んでいます。人の能力と可能性を解き放ち、育むことに期待します。


特に、強い信念と個人的なこだわりをアイデアやアプリに反映できることが、評価される大きなポイントです。


オンラインのInkathonでEdTechフィールドおよびコミュニティに新風を巻き起こす可能性があるアプリを選出します。選出されたトップチーム(5-10チーム)には、2019年11月4日に東京で開催されるファイナルイベントへの出場権が与えられます。主要業界におけるインフルエンサーらから成り立つ審査員に対し、アイデアやアプリを実演していただきます。

東京において、Inkathonのミートアップイベントを開催いたします。WILL™テクノロジーの説明や教育現場における課題・事例をご紹介させていただきます。パネルディスカッションでは、最終審査員となるEdvation x Summit2019主催の佐藤昌宏先生やWacomのCEO井出も参加します。ディスカッションの中から、ぜひ開発に向けたヒントを見つけ出し、今後の開発にお役立てください。

Inkathonの事前説明会、9月17日(火)に開催 開発のヒントが満載!

上位の5-10チームには、次のファイナリスト・パッケージが与えられます。


-  東京への渡航費・宿泊費

- Edvation x Summit2019へのパス

- Edvation x Summit2019メインステージでのアプリの紹介

- アプリ事業化のビジネスチャンス 

- 1年間のWILL™ SDKライセンス

1位

12,000ドル

3位

5,000ドル

8,000

2位

Wacomインク・レイヤー・ランゲージ(WILL™)は、ハードウェア、ソフトウェア、アプリケーションすべてをつなぎます。そして、アプリケーションに以下のことを可能にし、Android、iOS、Windowsとそれぞれ互換性をもたせていきます。

  • 自然な手書きをデジタルインクデータに変換し、それによって他とのエクスチェンジとコラボレーションを可能にする
  • アプリ、ソフトウェア、サービスの垣根を越えて、インクを編集可能にする
  • メタデータを付属させ、インクデータの意味を強化する
  •  拡張現実(AR)と仮想現実(VR)で、3Dインクアプリケーションを作成可能にする

Wacomのインク・レイヤー・ランゲージ(WILL™)をアプリのなかで取り込み、その可能性をEdTech分野で最大限に引き出すこと

手書きにより、創造力や深い理解が促進され、情報が記憶に定着しやすくなります。また、読み書きや綴りの形成的学習プロセス、意味の理解、記憶、問題解決、芸術的または創造的な作業のにおける創造力の活用にも貢献します。


WacomのWILL™テクノロジーを活用することで、アナログとデジタル両方の優れた特徴と利点を全く新しい方法で組み合わせた、教育環境向けアプリケーションの開発が可能になります。デジタルインクには、教師と生徒の双方にとって、共同して取り組み、共有することを可能にするとともに、学習プロセスを向上させる力があるのです。

デジタルインクは、EdTechに何をもたらせられるのか?

WILL SDKの特長

上位チームのアプリがWacomによって選出され、日本・東京で開催されるファイナルイベント(プレゼンテーション)への参加権が与えられます。

10月18日 

トップ5-10チームの選出

Inkathonにご登録いただき、開発のベースとなるByMyAppオンラインプラットフォームへのアクセス権をお受け取りください。このプラットフォーム上の開発期間は、約1か月半です。

オンラインInkathon開発期間

9月2日〜10月15日 

選出された上位チームが、Edvation x Summit2019にて、開発したプロジェクトの事業化を視野に入れたプレゼンテーションを行います。


最終プレゼンテーション

11月4日 

9月17日 

ミートアップイベント 東京開催

日本・東京において、Inkathonのミートアップイベントを開催いたします。

™テクノロジーの説明や教育現場における課題・事例をご紹介させていただきます。

2〜6人で構成されるチームであること 

スタートアップ企業およびアプリ開発協力企業  

企業 

 学生、フリーランサー、意欲的なイノベーターのグループ 

個人

中国

日本

シンガポール

韓国

ブルネイ

カンボジア

インドネシア

マレーシア

ミャンマー

フィリピン

タイ

ラオス

ベトナム

台湾

最終プレゼンテーションは、11月4-5日に開催される、日本・アジア太平洋地区最大のEdTechコミュニティイベントである、Edvation x Summit 2019のInkathonプレゼンテーション特別枠にて行われます。

Copyright © 2019 Wacom. All Rights Reserved. 

All other trademarks are the property of their respective owners and are used with their permission.

Powered By